2006年05月05日

トラックボール(その4)

expertmouse_fullview.jpg

最近専ら利用しているトラックボールKensingtonEXPERT MOUSE(Optical Black)です。すっきりしたデザインの割りに使い勝手が格別です。







これはもう説明せずとも一目見てKensington社のものと判ります。こういう普遍的なデザインが良いのだと思います。他のメーカのものは色々開発の結果かもしれませんが、ある意味ポリシーがないとしか思えないときもありますね。

このトラックボールの特徴ですが、私も正直最初ただ黒いだけかと思っていました。
しかしながら、よく見るとボールが「黒い」、光学式というと大体赤っぽくてメタリックぽいボールなのですが、これは黒いメタリックボールです。現在は白にシルバーボールのものや、ピンク色のものもあるようです。

そして最も大きな特徴はボールの周りのリングです。私もネットで最初写真を見たとき気付かなかったのですが、とってもデザインに溶け込んでいます。

このリングこそTurboRingでも付いていたスクロールリングです。

ボールは中指の腹あたりで転がすのですが、手を軽く載せたとき親指と薬指もしくは小指あたりがリングに触れますので、そのままグルグルと回せますし、ボタンのクリック時は指を少しズラすだけで操作できます。

このトラックボールはUSBケーブルがあるものが普通のものですが、私は特にケーブルを無くしたかったので無線タイプのものを使っています。ところが、結構電池食いで充電池を利用してリサイクルしてます。もっともトラックボールは本体を動かさないので普通のケーブル付きでも充分かと思い、勤め先ではケーブル版を利用しています。

私はこのトラックボールが今考えうる限り一番使い勝手がよいものと思っていますが、何といっても左右対称であるがゆえキーボードの左右どちらにも置けることです。

ということで、私は思い切ってもう一式購入しキーボードの左右に置いて使っています。使い勝手はすこぶる良好です。こうするとドラッグ操作のときは左手でクリックしておきながら右手でカーソルを動かす、または逆の手で操作するなど、片手に操作が集中しないので以前に比べるととても楽です。

とてもお金がかかりますが、肩こりに悩む私としては最善の策と思っています。

投稿者 bmas : 17:34 | コメント (0)

2006年05月01日

トラックボール(その3)

turboring_fullview.jpg

これもKensington社のトラックボールですが、私の興味をそそる形状をしています。







このトラックボールは右手専用ですが、何といってもこの形状が印象的で、ボールが右に傾いている上にボールの周りにスクロールリングが付いています。

このリングこそがこの商品名にまつわる特徴でして、操作性を高めています。

また、ボタンが面白い配置になっていまして、親指のところに細長く二つ付いているのと、薬指、小指あたりの場所にもうひとつ付いています。

もし、高速でダブルクリックをしたい場合は親指のところの二つのボタンを同じクリックにして、親指を小刻みに振るとダブルクリックができます。ですが、私が思うにそれなりに訓練しないとうまく操作できません。

もうひとつの高速ダブルクリックの方法としては、親指のところの外側のボタンと小指側のボタンを同じクリックボタンにして、中指を軸にして手首をすばやく回転させてダブルクリックします。


残念なのは、もうこのトラックボールを販売しているところが見つからないこと、また左用の形状のものがないこと、それから光学式トラックボールでないことでしょうか?

投稿者 bmas : 00:33 | コメント (0)

2006年04月30日

トラックボール(その2)

expertmousepro_fullview.jpg

だいぶ更新が滞ってますが、トラックボールコレクションのつづきです。

トラックボールではありますが、商品名は「mouse」とあります。




このEXPERT MOUSE PRO (USB/PS2)はKensington社のもので、Windows向けというよりはMac向けによく知られているようです。

私も恥ずかしながら最初この会社のものはご縁がないかと思っていましたが、Windowsに使えますし、とても造りがしっかりしているのがとても好感がもてました。

そのまま既定の設定で使うと、まさに手首を動かさないで使うマウスでして、手のひらで包み込まないといけないマウスと違い、手をそのままトラックボールの上に投げ出すように置いて使えます。これ自身がとても重量感がありますので、「小手先」の操作は必要でなくリラックスして指の腹あたりで転がします。

最近はマウスにスクロールホイールが付いているのが当たり前ですが、これにもちゃんと付いています。

このKensington社のトラックボールは大体ボールが大きく、そのボールの周りに4つ整然とボタンが付いているものが多いのですが、私はこれを使うときは手前の2つのボタンをいわゆる「左ボタン」にして、
後の2つを「右ボタン」に割り当てています。


こうするとトラックボールをキーボードの右に置いても左に置いても同じ操作が実現できます。

つまり、中指の第二間接あたりをボールの中心に置くと、親指がちょうど手前のボタンに来て、薬指がちょうど後側のボタンに来ます。

マウスでは人差し指と中指がボタンの操作の主役ですが、私はさすがにこの操作に疲れました。
「もういやだ」と特に右手が泣いているかのようです。

マウスに疲れた人にはぜひトラックボールの良さを知ってほしいな、と思います。

投稿者 bmas : 23:04 | コメント (0)

2006年02月07日

トラックボール(その1)

marblemouse_fullview.jpg

少し趣向を変えて手持ちのトラックボールを紹介します。







購入してから随分経ってしまい半分忘れかけていたのですが、以前肩こりが今以上にひどく、マウスを使うことに限界を感じていたころ、思いたって購入したものです。

マウスは当然ながら手を前後左右に動かしてカーソルを動かします。私の場合長時間使っていると右手が腱鞘炎になったかのような痛みがあり、それが原因かどうか、その頃から肩こりがひどくなりました。

商売柄コンピュータを使わないといけないものですから、必然的にマウスにお世話にならざるを得ません。

右手が痛いときに急遽左手で操作しようと思いましたが、付け焼刃ではボタンを押すこともポインティングもままなりません。思いあぐねて今まで気にもとめなかったトラックボールを使うことを思いつき、その時分使っていたマウスのメーカのトラックボールを選びました。

見た感じ1つ目のなめくじのような格好ですが手を置いた感じがよく、第一印象として「何か助かったかも」と思ったように記憶しています。手首を動かさないでカーソルを動かせるのは今はそんなに不思議でもありませんが、最初は少し感動でした。

しばらく使っているとこの左右対称の形が幸いしてときどき左手で使ってましたが、マウスに比べてトラックボールは左手でもそこそこ使いこなせるものです。これもトラックボールを使ってみて発見したことです。

投稿者 bmas : 00:59 | コメント (0)