« ライダーマウス | メイン | トラックボール(その1) »

2006年01月30日

P902i & mLink R for P902i(その2)

mlinkr_4_fullview.jpg

P902i専用Bluetoothアダプタ「mLink R for P902i」のヘッドフォン改造その2です。



改造といっても電気的な加工をしている訳ではありませんで、前回のヘッドフォンのケーブルのまとめ方を私なりにステップアップさせてみました。

前回はアダプタにクリップをつけ、首を回したケーブルの逆のところに別の小さなクリップを付けましたが、時間が経ってくるとこのクリップをこまめに着けたり外したりといった行為も面倒くさくなることがありました。

いっそ首にぶらんと掛けておくだけにしたくなりまして、再度ケーブル部分の加工をしました。

ヘッドフォンそのものはケーブルが片掛け式のものですが、前回と同じく首の後ろから右側に回した形にします。このままだとケーブルが首の後ろで2本あることになるだけですが、今回はこの2本のケーブルに添え木のように、「プラ線」(針金のようなプラスチックの線)をあてがって、その上から螺旋型のケーブル結束チューブを巻きました。

ここでこのプラ線の先の加工ですが、アダプタの上に接着する方法は不細工なので、替わりに充電端子のプラグを付けてそれをアダプタの充電端子に差し込む方法にしました。

mlinkr_5_fullview.jpg

一見左右のバランスが違いそうですが、アダプタの部分がちょうど顎の下あたり、もしくは右襟のあたりにくる感じでバランスがとれます。そのときに左右のヘッドフォンのケーブルが耳まで無理なく届く感じで調整すると出来上がりです。

私は黒っぽいVネックのカーディガンを着ることが多いのですが、このヘッドセットは外出時にとりあえず首に引っ掛ける感じで持ち出して、人目を気にするときは襟の中にヘッドフォンを隠してしまいます。

携帯電話P902iは腰のベルトに着けていますので、電話がかかってくるとヘッドフォンを耳に掛けて、襟元のアダプタのスイッチを押すと着信操作できます。

携帯電話を手に持って着信スイッチを押す動作に比べると圧倒的に早いはずです。まして冬場は外出時に厚着になるので携帯電話を持つまでに服のボタンを外すのはとてもおっくうですから、それを考えてもハンズフリーは便利です。

最近はこれに随分慣れてしまっていますが、今までも同じスタイルで何ヶ月も飽きないことは無いのでしばらくしてまた別の形に変わるでしょう。

ではまた。

投稿者 bmas : 2006年01月30日 01:29

コメント

コメントしてください




保存しますか?