« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月30日

P902i & mLink R for P902i(その2)

mlinkr_4_fullview.jpg

P902i専用Bluetoothアダプタ「mLink R for P902i」のヘッドフォン改造その2です。



改造といっても電気的な加工をしている訳ではありませんで、前回のヘッドフォンのケーブルのまとめ方を私なりにステップアップさせてみました。

前回はアダプタにクリップをつけ、首を回したケーブルの逆のところに別の小さなクリップを付けましたが、時間が経ってくるとこのクリップをこまめに着けたり外したりといった行為も面倒くさくなることがありました。

いっそ首にぶらんと掛けておくだけにしたくなりまして、再度ケーブル部分の加工をしました。

ヘッドフォンそのものはケーブルが片掛け式のものですが、前回と同じく首の後ろから右側に回した形にします。このままだとケーブルが首の後ろで2本あることになるだけですが、今回はこの2本のケーブルに添え木のように、「プラ線」(針金のようなプラスチックの線)をあてがって、その上から螺旋型のケーブル結束チューブを巻きました。

ここでこのプラ線の先の加工ですが、アダプタの上に接着する方法は不細工なので、替わりに充電端子のプラグを付けてそれをアダプタの充電端子に差し込む方法にしました。

mlinkr_5_fullview.jpg

一見左右のバランスが違いそうですが、アダプタの部分がちょうど顎の下あたり、もしくは右襟のあたりにくる感じでバランスがとれます。そのときに左右のヘッドフォンのケーブルが耳まで無理なく届く感じで調整すると出来上がりです。

私は黒っぽいVネックのカーディガンを着ることが多いのですが、このヘッドセットは外出時にとりあえず首に引っ掛ける感じで持ち出して、人目を気にするときは襟の中にヘッドフォンを隠してしまいます。

携帯電話P902iは腰のベルトに着けていますので、電話がかかってくるとヘッドフォンを耳に掛けて、襟元のアダプタのスイッチを押すと着信操作できます。

携帯電話を手に持って着信スイッチを押す動作に比べると圧倒的に早いはずです。まして冬場は外出時に厚着になるので携帯電話を持つまでに服のボタンを外すのはとてもおっくうですから、それを考えてもハンズフリーは便利です。

最近はこれに随分慣れてしまっていますが、今までも同じスタイルで何ヶ月も飽きないことは無いのでしばらくしてまた別の形に変わるでしょう。

ではまた。

投稿者 bmas : 01:29 | コメント (0)

2006年01月03日

ライダーマウス

rider-1_fullview.jpg

今回は私の所有マウスのコレクションの中で、一度も使ったこともないマウスを紹介します。





このマウスは見ての通り仮面ライダーを模したマウスで、数年前に個数限定で販売されたものですが、そのときはコレクションものということで普通にマウスを買う分にはいささか高い気がしたため、無視していました。

その後しばらくしてたまたま店先に売れ残りがワゴンセールされていましたので、思わず買ってしまいました。当然使っていません。おそらく使っても不便なこと、この上ないと思います。

現在は押入れのこやしとして役割を果たしております。

以下に、合わせていっしょに買ったシリーズを載せておきます。

rider-2_fullview.jpgrider-n1_fullview.jpgrider-v3_fullview.jpgriders-2_fullview.jpg








もうどこにも売っていないとは思いますが、価値が上がるものかどうか、、、

投稿者 bmas : 22:01 | コメント (0)

2006年01月02日

P902i & mLink R for P902i

p902i_mlinkr_fullview.jpg

先月P902iを購入後、まもなくP902i専用のBluetoothアダプタ「mLink R for P902i」を購入したのですが、個人的にはこれがなかなか具合が良くてしばらく満喫しておりました。



このBluetoothアダプタは携帯電話の無線ハンズフリーフォンとしての役割はもちろんのこと、P902iのオーディオ出力を無線ヘッドフォンとして聴くことができます。

同じメーカのmclip2の接続は以前のレポートにも触れた通り、音楽再生中に着信応答した後はRESUMEできませんでしたが、この機種は着信通話終了後は再びワンタッチで音楽再生を続けることができます。

ところで、このアダプタはそのものがクリップになっていますので服の襟などに挟むことができるのですが、襟の形にもいろいろありまして必ずしも襟に対し90度の角度で挟みたくないこともあります。

mlinkr_fullview.jpg

事務用のクリップを底に貼り付けるのも不細工なので何かいいものがないかと色々探してみて偶然ipod shuffle用のクリップ「XtremeMac SuperClip for iPod shuffle XRM-IP-000027」が丁度このアダプタの幅に合いまして、これを使うと襟に平行につけることができました。

mlinkr_2_fullview.jpg

本当はこのクリップは全部白色なのですが、アダプタ自体が黒色なので襟につけたとき妙に浮いてしまいます。少し解消したいがために露出する部分に黒いカバーシートを貼り付けてます。実際少しいびつに見えますが、ご愛嬌ということで、、、


mlinkr_3_fullview.jpg

また、ヘッドフォンのケーブルをあまりブラブラさせたくないもので、本来左側に垂らしてしまうケーブルを首の後ろを回して右側に垂らしてその先にこのアダプタをつけて見ました。

首の後ろにケーブルを回しただけだとケーブルが2本ありますから、これを螺旋型のケーブル結束チューブの細いものを使ってまとめてます。ついでに左側の重量が軽くなってずり落ちるので、携帯電話用のストラップクリップをつけて襟に挟めるようにしました。

万が一ケーブルが絡むと危険ですが、このipod shuffle用のクリップはスライドしてすぐ外れますし、ヘッドフォンジャックもある程度の力が掛かると抜けます。左側のクリップも挟む力はそんなに強くないものです。この辺りの加工は自己責任の範囲です。

最後に使用時の感想です。
私は1GBメモリに約200強の曲を入れてipod shuffleとほぼ同じ状態にしたので最近はipod shuffleを使わなくなってきました。それで出勤時には一日中装着したままにしておくのですが、さすがに朝出勤時間と昼休み時間に聴いていると夕方までには携帯電話本体の電池は空になります。

最低でも職場での本体充電は必須です。ACアダプタの予備は用意した方がよいです。

投稿者 bmas : 00:00 | コメント (0)