« 2005年10月 | メイン | 2005年12月 »

2005年11月20日

ワイヤレスキーボード(その4)

diNovo_fullview.jpg

最近Bluetoothの話題ばかりでしたので、ひさびさにキーボードの話題を取り上げます。
今回はテンキー分離型のワイヤレスキーボード「diNovo Cordless Desktop
」を紹介します。

当然、このキーボードの一番の特徴はワイヤレスでありながら、キーボード本体からテンキーが独立しているということです。私的にはもっとこのタイプのキーボードがあってもいいと思いますが、一般で入手できるものとしてはこれだけでしょうか?

今のところ私の使い方は、ノートパソコンにつなげてリモートキーボードとして使っています。
本当のところはノートパソコンの外部ディスプレイを30型くらいのものにして、テレビの画面と連携させるときに使うリモートキーボードを予定しているのですが、大きいディスプレイはまだ購入に至っていません。

で、当面はテンキーのみがノートのテンキーとして活躍しています。

テンキーを本体から分離すると、使わないときはマウスの外側に置くことができますから、キーボード本体とマウスを多用する人にはとても重宝です。また、テンキーを利用するときはマウスをどけてテンキーを連続して使用しますから使い勝手はいいと思います。

難をいうとデザイン重視しているので、キーの打鍵感が少し物足りない感じです。このキーボードはそのままでいいとして、別にヘビー仕様のワイヤレス、テンキー分離型があるといいと思います。

もっと言うと、マウスとリモート兼用できるテンキーのみの販売があると嬉しいです。
テンキーのみだけだとリモートの受信部が別々のUSBポートを持つことになってデスクトップがすっきりしないので、せっかくLogicoolならマウスと無線共有したいということです。

投稿者 bmas : 11:21 | コメント (0)