« 2005年09月 | メイン | 2005年11月 »

2005年10月30日

Bluetooth アダプタ

a210_1_fullview.jpg

前の記事の続編として、浮いてしまったJabra FS258の利用を考えて、同じメーカJabra社のBluetooth/ブルートゥース アダプタA210を購入しました。




前にも書きましたが、JabraFS258をBT250vに置き換えてしまい、結果FS258の利用が減ってきているので、これを別の用途に利用することを考えました。

以前から、自宅の自分用の電話の子機としてPHS(スーパードッチーモ)を使っているのですが、PHSの利点を活かしてワイヤレスの上にイヤホンマイクを使って自宅内のハンズフリーを行っています。

携帯でBluetoothでハンズフリーをすると自宅のハンズフリーが旧式だと何か納得いかない部分があり、前から少しバージョンアップしたいと思っていたところでした。

a210_2_fullview.jpg
ということで、A210を購入して写真のようにPHSに接続してみました。

電話をかける前にヘッドセットとアダプタの電源を入れて予め接続状態にしておいてから電話します。
もし音声状態が悪い場合はアダプタの側面にあるスライドスイッチを使って3段階で調整ができます。
さすがにもともと有線電話をハンズフリーにするということで、若干のエコーが気になるときもありますが、特に問題はなさそうです。

電話を切るときや、着信はどうしても電話機で操作しないといけませんが、この機械にそれを求めませんし、それ以上のことでしたら携帯電話ですべてやりとりすればいいことなので私的には納得しています。

投稿者 bmas : 21:52 | コメント (2)

2005年10月11日

Bluetooth ヘッドセット(その6)

bt250v_fullview.jpg

Jabra社のBluetooth/ブルートゥース ハンズフリーヘッドセット JabraBT250v
です。

Jabra FS258を利用しておきながら早くも心変わりかという気が我ながらしないでもありません。

Jabra FS258の性能そのものには基本的に満足しておりましたが、ひとつ問題が発生しました。

Bluetoothヘッドセットを使うメリットとして携帯電話をバッグに入れてヘッドセットだけ表に出して着信操作する、というスマートさがあります。
しかし、携帯電話をもつ以上周りへの配慮としてマナーモードを利用するケースが多く、そのモードのままバッグに入れてしまいます。

そうすると着信時に着信音は鳴りませんし、バッグの中で空しくバイブレータが動いていることになります。
私の場合はipodで音楽を聴いていることも多いので、余計に着信に気づくのが遅くなります。

これでは折角Bluetoothヘッドセットを利用するのに、比較的重たい携帯電話をバッグから出して着信を待ち構えなくてはならない、という本末転倒に近い状況になってしまいます。

そこで着信が判るようなものはないかと探してみると、同じJabraから最近着信バイブ付きのヘッドセットが出ているのを見つけました。もう一機種別の形状のものもありますが、FS258のイモムシみたいな形状が最近気に入っているので、このBT250vを購入することに決めました。

このBT250vは見た目はFS258とほとんど変わりありません。色が黒になったことと、着信バイブが付いたということが大きな違いです。ただし着信バイブ機能のためか、電池の連続利用時間が少し短くなっています。個人的にはあまり問題にはならないと思っています。

FS258の機能も十分おすすめと思いますが、どうしても着信バイブが欲しい方にはBT250vはおすすめです。

投稿者 bmas : 00:00 | コメント (0)