« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月18日

Bluetooth ヘッドセット(その5)

fs258_fullview.jpg

Jabra社のBluetooth/ブルートゥース ハンズフリーヘッドセット FS258
を紹介します。

Bluetoothヘッドセットをあれこれ試していくと、どうしても世界トップシェアのJabra社のヘッドセットが気になります。

私はこのJabra社のヘッドセットを試すまでは主に国内モノを利用していましたが、やはり本場モノを使ってみたい欲望に駆られてしまいました。

その理由は多くは性分によるものでしょうが、携帯電話も含めて国内モノのヘッドセットはどこか安定感に欠けるというか相性の良し悪しによる接続性の問題が気になることがあります。
あえて具体的に語ると、私はドコモの携帯電話を使っていますが、ドコモでBluetoothというとF900iTが多数でして、私もその類です。(M1000もそのうちに試したいと思いますが、今はまだ模様眺めです。)
F900iTはBluetoothをOnにしていないと別に何の問題もありませんが、BluetoothをOnにしてヘッドセットと接続して、何らかのトラブルがヘッドセットにあった場合にときどきF900iTがハングアップしたりリセット再起動などが起こります。これはF900iT側の問題も多分にあるように思えますが、接続先のヘッドセットによって現象の起こる確率が違うように思えます。

一方このJabraヘッドセットを試して同じF900iTとの接続をしまして、かなり主観的な感想ですが、随分安定感があるように思えました。何か、さすがJabraのものかという感じです。

その他のJabraの使用感ですが、最初にカタログなどの写真を見たときの異様さを随分払拭する装着感があります。これは耳かけ型なので私は合わないかなという不安がありましたが、重さを耳の全体に分散してくれているようで、長く装着しても違和感があまりありません。これはかなり大きなメリットだと思います。

Jabraヘッドセットはおすすめです。

投稿者 bmas : 11:06 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月12日

Bluetooth 車載ハンズフリー

2004bt7_fullview.jpg

塚本無線社の車載用Bluetoothハンズフリーを紹介します。

私の車はTOYOTAエスティマで、純正のG-BOOK対応のナビを付けているのですが、残念ながら私の車のものはBluetooth対応ではありませんでした。

ヘッドセットをそのまま車でも利用するというのもひとつの選択肢でした。しかしながら例えば長距離の運転をしないといけない場合は耳に掛けたままだとどうしてもかゆくなりそうです。また、待ち受けで電池の消耗も気になります。何よりも私の性分で気になるのは、車をガレージから出して発車するまで携帯電話の準備に僅かですが時間がとられることです。携帯電話のハンズフリーはそれなりにキチンとしないと運転中に直せません。それこそ本末転倒で危ないことだと思います。やはり携帯電話は予めBluetoothモードにしておいて、そのまま車に乗るだけでハンズフリー環境になるのが理想です。

そこで車載用のBluetoothハンズフリーを探すことになりました。

本音を言うと最初はもっとシャープな感じの車載用を物色していました。が、大抵のものは自動着信ができません。これは着信操作を必要としますので、私としては少し抵抗がありました。
また、少しいいものになると音声で着信操作できるものもあるようですが、実際に操作していないので判断できません。

で、私なりに自動着信をもつものを探したところ、これが見つかりました。他には自動着信のものは無いように思います。やはり自動で全ての着信を応答してしまう仕様は問題あるのでしょうか?しかしながら折角のハンズフリーであるのに必ず着信操作をしないといけないのはどうかと、、、慣れないとそれもそれで危ないと思います。

肝心の使い勝手ですが、私的には音声も問題なくハッキリやりとりできます。この手のものはどれも一緒のレベルかもしれませんが、助手席との会話のように電話できます。
ただ、本体についているいくつかのボタンは直感的に何の用途かわかりにくいと思います。マニュアルは無くさないようにしないといけませんね。もっとも自動着信機能がありますのでボタン操作することがほとんどありませんが。

あと、この機種はマルチユーザ対応ではありません。ですから、家族で何台かの携帯電話をもっていてその何台かを予め設定しておくということはできません。今のところは全く困りませんが少し残念です。

投稿者 bmas : 22:47 | コメント (0)

2005年09月05日

Bluetooth ヘッドセット(その4)

mclip2_fullview.jpg

オーディオプレイヤと携帯電話をBluetoothで同時接続できるmobilecast社のMPX mClip Audio 2を紹介します。

BlueTake社のリアアーム型のヘッドフォンが多少重たかったのと、ドコモのF900iTでは接続がよろしくなかったため、他のメーカのものを物色していて見つけたものです。

これはドングルと呼ばれるオーディオプレイヤ側のミニステレオ端子をもつ送信アダプタと、一般のステレオイヤホンを接続できる受信アダプタとで構成されます。

BlueTake社のヘッドフォンのときにF900iTのBluetoothの問題があったので、もしかしたらまた接続がよくないかも、と思いましたがそういう"音飛び"のような不具合はありませんでした。ということはF900iTだけの問題ではないのか、BlueTake社のヘッドフォンの不具合のときの問合せの回答は半分疑わしく思えますが、メーカを動かせるほどの力もありませんから使える範囲で利用しようと思います。

このmClip Audio2はその名に込められていますが、受信機そのものがクリップになっていて、そのまま服などに止めることができます。また、このmClip Audio2は普通使っているステレオヘッドフォンやイヤホンをそのまま挿して利用するので、もしイヤホンが壊れたり断線したりしても取替えができますから安心です。音質はBluetooth経由といっても随分良好です。音を極めたいという人にはもしかしたら満足いかないところもあるかもしれませんが、所詮外を歩きながら気軽に音楽を聞きたい人向けですから、これで十分だと思います。

Bluetooth携帯とドングルをつけたオーディオプレイヤをウェストポーチに入れて、mClip Audio2だけを出しておけば、外見もかなりスキッリします。この状態で携帯が着信したとき、ボタンを押して電話をすることができますが、周りに人が多いところですると客観的にも主観的にもかなり"おかしい人"です。こういうときはウソでも手に携帯をもっている仕草をしたほうがよいでしょう。

あと、このmClip Audio2を使い始めたとき困ったことがあります。
これは携帯の着信があったときの着信音が結構大きい音であることです。これについてメーカに聞いたところマニュアルに書いていない方法で着信音を消せることが判りました。

受信機に"ボリューム大"ボタンと"ボリューム小"ボタンがあって、起動後にこの"ボリューム小"ボタンを数秒押すと赤LEDが数回点滅します。これでサイレントモードになります。

このモードをしておかないでもしバスや電車の中で着信すると、携帯はマナーモードでもmClip Audio2は相当けたたましく発振しますので、とてもマナー違反どころの騒ぎではありません。手で少々押さえてもよく聞こえます。お気をつけください。

投稿者 bmas : 14:27 | コメント (0)