« Bluetooth ヘッドセット(その2) | メイン | Bluetooth ヘッドセット(その4) »

2005年08月25日

Bluetooth ヘッドセット(その3)

bt420_430_fullview.jpg

Bluetooth ステレオポータブルヘッドフォンセット
を紹介します。

このヘッドフォンはBlueTake社のもので、ヘッドフォン本体とオーディオプレイヤー等に接続するオーディオ信号の送信機アダプタとで構成されます。

このヘッドフォンの大きな特徴はBluetooth対応携帯電話とオーディオプレイヤーを同時接続できることです。これはipodなどで音楽を聴きながら、かつ携帯の着信も逃したくない人向けの機能です。

写真ではヘッドフォンの色が白なのでipodと組み合わせるといい具合ですが、この白いところのパネルは交換部品があって青や赤に変えることができます。

携帯電話の着信時は一時的にオーディオ音声が消えて携帯着信音が聞こえ、右耳のマイクを起こして着信スイッチを押すと会話できます。会話終了時は自動的にオーディオ音声が戻ってきます。

ここから、個人的な使用感です。
機能的にはおいしいところを踏まえていたので、存在を知ってから間もなしに注文してしまったのですが、使ってみていくつか面白くないことがありました。

私は他でも触れていますが、基本的にドコモを使っています。ドコモでBluetoothを使うということは大方F900iTを持つということに近い意味になり、私はそのもののユーザです。
そこでもっとも面白くないことはこのF900iTを使うとオーディオの音がプツプツ途切れることです。最初は初期不良品か何かと思いましてメーカ問合せをしたのですが、F900iTとは不具合があってこの症状が出てしまうそうです。他のメーカのBluetooth携帯とは問題ないのでF900iT側の問題ということでした。実際このヘッドフォン購入時にはAUのBluetooth携帯も持っていたので接続してみましたが、何の問題もありませんでした。確かにF900iTはいろいろと問題ありで、特にBluetoothの実装はあまり良くない気がします。

あとの問題は大したことではありませんが、今どきのヘッドフォンとしては少し大きく、私など前から見るとヘッドフォンがハの字に飛び出て少し不細工です。それから耳かけ型のヘッドフォンは当然耳に当たるため、長くかけていると耳が痛くなります。

結果的としてはこの製品は今のところドコモユーザにはお勧めできませんが、AUユーザの方はよろしいかと思います。ボーダフォンのBluetoothは試したことがないので使い物になるかは判りません。

投稿者 bmas : 2005年08月25日 11:10

コメント

コメントしてください




保存しますか?