« 変り種キーボード(その1) | メイン | キーボードへのこだわり、の変化 »

2005年07月19日

変り種キーボード(その2)

Korega_fullview.jpg

変り種キーボード第2弾として、キートップ無刻印のキーボードを紹介します。

このキーボードの購入動機は、その名が「これが打てるか!」というものだったので試めしてみたかった、かなり不純な動機といえるかもしれません。
実際の試したところ、最初はどうかなという不安がなくもなかったのですが、割と普通に使えました。
ただ、ALTやCtrl等の特殊キーは他のキーボードと位置が違っていると、全くのブラインドタッチというのは不安が残るかもしれません。
私としてはとりあえず買っておいた、ぐらいのものなのですが、使い方によってはブラインドタッチの練習用としても使えるものかもしれません。ブラインドタッチを練習しようと思うとき、手元指先を確認してしまう
癖がある人には効果があるのではないでしょうか?
ちなみに付属品で本来の刻印文字が印刷された専用キーボードカバーがついてました。

面白ネタのキーボードだけに今はもう売っていないんだろうな、、、

投稿者 bmas : 2005年07月19日 14:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://hcf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/10

コメント

コメントしてください




保存しますか?